Too Rye Ay/Dexys Midnight Runners

画像引用:Amazon

Preacher」は、シーズン1のラストシーンが一番好きでした。
カスターとチューリップとキャシディの3人が、
天国から失踪した神様を探して旅立つシーンなんですが、
これから血みどろの地獄へ向かって行くのに、
三人とも心を躍らせていて、一番ワクワクしたシーンです。

そこで使われていたのはストーンズの「Let It Bleed」だったんですが、
そのシーンが、シーズン2のオープニングに繋がっていて、
そこで3人が合唱するのが、Dexys Midnight Runnersの「Come On Eileen」です。

ケルト音楽を基調にしていて、
フロントマンのケビン・ローランドがアイルランド系英国人だったため、
私の中では、すっかりアイルランドのバンドとして位置づけられています。

アイルランド独立戦争(吸血鬼なので100年ぐらい生きています)で
苦い思い出を持つアイリッシュのキャシディは、「嫌いな曲だ!」と言い放ち、
カスターとチューリップも「最低!」と罵るんですが、
自然と3人が唱和するシーンがとても素敵でした。

1982年のリリース当時、何度も”レコード盤”に針を落とし、
夢中で聴いた思い出があるんですが、残念ながら一発屋と言われています。

「Preacher」の中で久しぶりに耳にし、昔の友だちに再会したような気分でした。
彼らの代表曲は「Come On Eileen」ですが、
私のお勧めは「Let’s Make This Precious」です。

黎明期のパンクの流れを汲みつつも、ケルト音楽を基調とし、
ロックやR&Bなど様々な音楽の要素が絶妙にブレンドされています。
誰もまねのできないような独創性を維持するのが難しかったのと、
先のことを考えず潔く才能を使い切ってしまったのが、
その後の失速の原因だったんじゃないかと勝手に思っています。

バンド名をThe Dexysと変えて今も活動を続けていますが、
残念ながら当時の熱量は感じられません。

Too Rye Ay

タイトルとURLをコピーしました