music

music

Saviors / Green Day

画像引用:Amazon グリーンデイ、4年ぶり14枚目の新譜です。 前作は、軽く聞き流した程度であまり印象に残らなかったのですが、本作は、久しぶりにGreenDayらしい生きの良いサウンドに溢れています。 52歳になったばかりのBilli ...
music

MOMMY / Be Your Own Pet

画像引用:Amazon ナッシュビル発のガレージパンクバンドです。 新人バンドのデビューアルバムかと思ったら、14年間の休止期間を経た活動再開後のサードアルバムでした。14年間も休止していたにもかかわらず、新人と思わせるほどに、そのサウンド...
music

The Maybe Mab / AJR

画像引用:Amazon ブルックリン発、3人兄弟のバンドAJR(兄弟のファーストネームの頭文字です)の5thアルバムです。 MVを見る限りでは、兄弟3人仲が良さそうで微笑ましく見えます。明るく暖か味に溢れたサウンドと、切なくシニカルなリリッ...
music

Letter to Self / SPRINTS

画像引用:Amazon 本作が初のアルバムとなる、アイルランドのインディーズ・パンクバンドです。 ヘビーなサウンドなので、耳に心地よいポップな音を聞きなれた人には、ややうるさく感じられるかもしれませんが、根底には繊細な抒情性が流れています。...
music

THINK LATER / Tate McRae

画像引用:Amazon オリビア・ロドリゴといい、テイト・マクレーといい、こんな良いアルバムを作る人たちが、まだ若干20歳と言うのが驚きです。 作品の完成度の高さはもとより、マクレーの場合は、好き嫌いが分かれそうな、個性的な声質も魅力です。
music

Pitch It Up and Go! / The Sensitives

画像引用:Amazon あまり情報がないのですが、パンクには珍しく、スウェーデンのスリーピースバンドです。 スウェーデンというと、EDMのような洗練されたサウンドをイメージしますが、彼らはポップながらロックの王道を行く泥臭ささを感じさせると...
music

Therapy / Zoe Wees

画像引用:Amazon ゾーイ・ウィーズの歌声を始めて聴いたのは2020年のことでした。唯一無二な声に魅了され、アルバムのリリースを待ち焦がれていましたが、途中、EPのリリースはあったものの、3年待ってようやくフルアルバムがリリースされまし...
music

Hackney Diamonds / The Rolling Stones

画像引用:Amazon 18年ぶりのオリジナルアルバムということで、ファンの期待を一身に浴びてリリースされましたが、難なく期待に応えてしまうところが、ストーンズの凄さですね。 かつて加藤和彦氏が「ストーンズを嫌いな奴は信じない。世界中の誰だ...
music

Bobbie / Pip Blom

画像引用:Amazon ちょっと風変わりなサウンドだなと思ったら、オランダのバンドでした。バンド名と同じPip Blomという女性がフロントパーソンを務めるバンドです。 ポップなギターサウンドが心地良く、どこか懐かしさも感じさせます。とりわ...
music

Desire Pathway / Screaming Females

画像引用:Amazon ニュージャージーのスリーピースバンドです。アルバムデビューは2006年なので、すでに17年のキャリアを持っています。パンクにカテゴライズされていますが、激しさの中にも知性やポップさを感じさせます。 パンク全盛期のレト...