オルタナティブ

music

The Maybe Mab / AJR

画像引用:Amazon ブルックリン発、3人兄弟のバンドAJR(兄弟のファーストネームの頭文字です)の5thアルバムです。 MVを見る限りでは、兄弟3人仲が良さそうで微笑ましく見えます。明るく暖か味に溢れたサウンドと、切なくシニカルなリリッ...
music

Therapy / Zoe Wees

画像引用:Amazon ゾーイ・ウィーズの歌声を始めて聴いたのは2020年のことでした。唯一無二な声に魅了され、アルバムのリリースを待ち焦がれていましたが、途中、EPのリリースはあったものの、3年待ってようやくフルアルバムがリリースされまし...
music

Bobbie / Pip Blom

画像引用:Amazon ちょっと風変わりなサウンドだなと思ったら、オランダのバンドでした。バンド名と同じPip Blomという女性がフロントパーソンを務めるバンドです。 ポップなギターサウンドが心地良く、どこか懐かしさも感じさせます。とりわ...
music

Lucid Dreams / BoyWithUke

画像引用:Amazon その名のとおり、Uke(ウクレレ)を効果的に生かしたユニークな音楽を奏でる、ボストンのシンガーソングライターです。生まれは韓国のようですが、マスクドなので人種は不明です。 若干21歳でマスクドなので、トンガッタ音を想...
music

UNHEALTHY / Anne-Marie

画像引用:Amazon イギリスのシンガーソングライター、アン・マリーの新譜です。 シンガーとしてもライターとしても優れた才能を発揮する人なので、コラボでも多くのヒットを飛ばしています。 本作もそんな彼女の才能が遺憾なく発揮されており、どの...
music

It’s Never Fair, Always True / JAWNY

画像引用:Amazon 読み方は"ジョーニー"でよさそうです。 ベッドルームポップにも分類され、Beckと並び称せらるとおり、多彩な才能を持つ人です。引き出しが沢山ありすぎて、捉えどころのない点が、日本でそれほどメジャーになり切れない要因か...
music

My Stupid Heart / Walk Off The Earth

最近、彼らのYouTube動画にハマっています。 リンクを張ったタイトル曲は、その中でも特に再生回数の多い、メンバーの子どもたちによるバージョンです。 カナダのインディーズポップバンドなんですが、CDやライブにとどまらず、SNSまで含めた総...
music

When Everything Went Dark / Bishop Briggs

画像引用:Amazon デビュー時から支持しているビショップ・ブリッグスの新譜です。ソングライターとしても、シンガーとしても、逸材と思います。 本作も、朗々と歌い上げるドラマティックな曲が多いのですが、決して聴いていて疲れるようなことはなく...
music

10,000 gecs / 100 gecs

画像引用:Amazon 100ゲックスという、ラップデュオのアルバムです。 ラビリンス同様、独自の音楽世界を作り上げていますが、こちらは、おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさです。 ラップをベースにしながらも、ベック風だったり、ビーステ...
music

Shadow Kingdom / Bob Dylan

画像引用:Amazon 若い世代の洋楽ファンにとって、ディランはどんな存在なんでしょうか。 私は、1970年代、ディランがデビューした10年後から彼の音楽にのめり込み、1980年代、宗教色が強くなった頃にファンを卒業しました。10年程度のフ...