Exit Wounds/The Wallflowers

画像引用:Amazon

ジェイコブ・ディラン率いるウォールフラワーズ、9年振りの新作です。

レジェンドを父親に持ち、
同じ道を歩むのは大変なストレスだと思うんですが、
ジェイコブに関しては、のびのびと自分の好きな音楽を奏で続けているように見えます。
実力がなければ、とっくに消えてしまっていたはずですが、
評価も高く、商業的にも成功していますので、いまだに堅実な活動を続けています。

本作も、これまでと変わらずオーソドックスなフォークロックです。

奇をてらって変化を求めるわけではなく、
父親(ボブ・ディラン)のように難解な解釈を突く付けてくるるわけでもなく、
安定のワンパターンだからこそ、イダログのような年季の入ったロックファンにとっては、
安心して心を委ねられるアルバムです。

Exit Wounds
タイトルとURLをコピーしました